ドクター

爪水虫の症状を防ぐためには治療薬を使おう

足のかゆみの意外な原因

足

水虫の症状は様々であり、自分では水虫だと気づいていない場合があります。原因になっている菌を完全になくすには時間がかかります。一般向けに治療薬が販売されていますが、症状が改善しない場合は専門医を受診し治療を受ける必要があります。

もっと知ろう

早めに皮膚科を受診して

足と手

爪水虫は、白癬菌という水虫の菌が爪の中に入り込んで活発に活動している状態です。白癬菌は、足に入り込めば水虫、頭皮に入り込めば頭部白癬、体に住み着けば体部白癬、股間に入り込めばインキンタムシというように、体中にすみつくという特徴があります。そのため、爪水虫の状態では爪が白っぽくなるくらいでかゆみや痛みなどの症状はあまりでませんが、体のほかの部分に感染してしまうとかゆみや臭いといった様々な症状を引き起こしてしまいます。また、スリッパやバスマットなどを介して家族に移してしまうおそれもあります。そのため、爪の異常に気づいたらなるべく早く皮膚科を受診する必要があります。また、市販の塗り薬やスプレーなどでは根本的な治療は難しいため、皮膚科の処方薬を服用するのが最も有効です。

爪水虫は、その名称イメージと症状の少なさから放置されることが多い病気でした。また、市販薬では完治が難しいため根本的に治療しようと思う人が少ないということもありました。ですが、現在では爪水虫は根気よく薬を飲むことで治療可能な病気となっています。飲み薬や塗り薬によって、血液から有効成分が爪にいき、生えてくる爪を感染から守ることで徐々に新しい健康な爪へと生え替わっていきます。およそ3ヶ月から6ヶ月で完治させることが可能です。そのため、あきらめずにきちんと飲み薬や塗り薬を服用し、完治させることが重要です。完治させたあとでも、切った爪の中やスリッパなどに白癬菌が潜んでいて家族や本人に再度感染することもあります。その場合も早めに皮膚科を受診することが大事です。

病院の診療内容とは

カウンセリング

専門性の高い皮膚疾患の治療を受けたいときには、さいたま市内の中核となる病院の皮膚科の受診が最適です。患者に合った治療を受けると同時に、適切なスキンケアも行うことが、症状をスピーディーに緩和するためのポイントです。

もっと知ろう

皮膚炎の治療法

2人の医者

京都の皮膚科では、アトピー性皮膚炎や酒さ様皮膚炎などの皮膚病の治療を行っています。京都の皮膚科には最先端の医療機器が完備しており、光線治療によって皮膚炎を治療することも可能です。副作用が少ない免疫抑制外用薬による薬物療法の人気も高く、大勢の人が京都の皮膚科で治療を受けています。

もっと知ろう